AI人工知能が文章

AI人工知能が文章を書く時代にどうするのか

投稿日:

以下のピックアップした記事をまとめると、
これからAIが進化していくと、
まとめ記事というのは人間がやる作業ではなくなる。

AIには得意な分野と苦手な分野がある
AIの判断は全て「データベース」の情報によって行われている
※新しい情報は過去の情報を元に出来るが
新しい発想、考え、意見はAIには出来ない
だから、Aiに出来ないジャンルをもっと意識していく必要がある

さらには、他の人間が書けないものを意識して書いていく必要がある

要は、人にしっかりと評価されて
自分にしか書けない文章を書く
(※今も同じだけど、これからはもっとそれが強くなる)

アフィリもライター今と同じ状況で稼げたとしても
5年先までと考えたほうがいいかもしれない。
※特に、アフィリでは被リンクでまずは影響がある
※非リンクサイトを無限に作れるようになるから、
その対処をしなければいけなくなるだろう
※その一つには、強い非リンクサイトからのリンクが重要になる
※今でもそうだが、今後はもっとそういう流れになるだろう

それからは、小説を書くような感覚の文章しか
認められなくなる時代になるかもしれない。

今後は、SNSからの評価がもっと重要になるのか?
しかしそれらも人工的なもので作られる可能性がある
だとすると、人間の記憶に残る評価を残していく必要がある

●人工知能が作れる文章
主に、金融、スポーツ、医療などの事実を伝える文です。
どのようなものかというと、
文は構造化されていて、
いつ、どこで、誰が、何を、したのか、
といった決められた型があります。
http://penya.jp/media-trend-01/
●人工知能が苦手な文
インタビュー記事、ひとくちコラム、
話題の切り口や多様な視点があるような、
創造力が必要とされる文です。
人工知能にとっては、データベースに登録されているデータがすべて
http://penya.jp/media-trend-01/

●現在利用可能なツール(英語で有料、記事1ドル以上)
AIによるいい感じライティング&リライトツール『Articoolo』

https://bita.jp/dml/articoolo
多くの情報を人がまとめる時代は終わる

膨大な情報をヒトが集めるのは効率的ではない
マトメページはAIに任せた方がより早く多くの情報を入手できるようになる